サライ宮廷

サライ・グループは、2006年西浅草と2012年吾妻橋にケバブ専門店、2011年に渋谷(旧名ヒラル)と赤坂、そして2013年7月銀座にレストランの現在5店舗を経営しています。 SARAYは、トルコのイスタンブールにあるトプカプ宮殿(トプカプサライ)からとりました。トプカプ宮殿は、15世紀中頃から19世紀に至るまでオスマン帝国を統治していた君主スルタンが居住していた美しく壮麗な宮殿のことです。 世界三大料理とはいえ、日本では珍しかったトルコ料理ですが、最近では繁華街のいたるところにトルコレストランが建ち始めました。 サライ・グループの経営するレストランやケバブ屋もそういった店のひとつですが、数あるトルコ料理屋の中でも1番の味とサービスをお客様にお届けするレストランとなり、いつか「トルコ料理といえばサライ!」と皆さまに思われ愛されるようになりたいとの思いを込めて店名としました。