サライの料理

フランストルコ料理は14世紀から20世紀の初めまでのオスマン帝国の支配を反映し中央アジアからもたらされたトルコ民族の伝統料理の要素とギリシャ、グルジア、シリア地方の料理の要素とが混じり合って独特の発展を遂げたものです。古くから東西文明の十字路として栄え、アジアとヨーロッパとアラブ世界を繋いできました。フランス料理、中華料理とともに「世界三大料理」のひとつに数えられます。そんなトルコ料理は、中央アジアに広がるトルコ民族の伝統料理の要素と、オスマン帝国が支配していた地中海周辺の料理の要素が混ざり合い、周辺諸国にも影響を与えながら独特の発展を遂げました。東西の食文化を融合させた多彩な素材、味、調理法を持つグローバルな料理です。

サライ料理

トルコ料理の特徴は、調理法がとにかく多いことです。例えば、なすを使った料理だけで300種類以上もあります。そしてなんといってもトルコ料理に欠かせないものはヨーグルトです。また、トルコ料理のほとんどは赤い色をしています。赤というと、辛いイメージがあるかもしれませんが、この赤はサルチャと呼ばれる大量のトマトから作ったソースの色です。トルコ料理といえばケバブのような羊や牛の肉料理を真っ先に思い浮かべると思いますが、現地のトルコ人は、新鮮な野菜と乳製品をよく食べます。当店では野菜をたっぷりと使った煮込み料理や、ヨーグルトやチーズを使った品もご用意しております。